ブログblog

防食保護キャップ ジンクハット!!

2020/11/20|blog

こんにちは!

今日は新たに取り扱いを開始する【ジンクハット】のご紹介です。

ジンクハットとは、むき出しになっているアンカーボルトやボルトナットを錆びや腐食から守るためのキャップです。

高架、高速道路の防音壁、遊園地の遊具、ソーラーパネルなど…現在、公共建築物をはじめ、あらゆる構造物の安全性が問題になっています。

これらに使用されているボルトナットは、常に外にむき出しになっているため、結露や酸性雨により錆が発生し、腐食してしまいます。特にアンカーねじ部の錆の発生は大きな問題点でした。
腐食した締結部は強度が低下し、地震・台風などの外力が加わると構造物の倒壊のおそれもあります。

従来のボルトの防錆方法は、溶解亜鉛メッキを施す、防錆塗装をする、樹脂キャップをかぶせる、樹脂キャップ内にグリースやコーキング材を充填する、などの方法がとられていました。しかしこれらの方法では、十分な防錆効果が発揮できていないのが現状です。
また錆に強いとされるステンレス鋼も、加工法や使用環境によっては応力腐食・隙間腐食・エロ―ジョン等の腐食を受けてしまいます。

こうした問題を解決するため、A&S SYSTEMがオリジナル合金を研究・開発し、改良を重ねて製品化したのがジンクハットなのです。

 

こちらは、水道水が入った容器に20日間侵漬するという実験を行った写真です。

 

20日後が…⇩⇩

試験後は無防食の六角ボルトが激しく全面腐食しているのに対し、ジンクハットで防食した六角ボルトは全体に電気防食が効いているのが判ります。

 

3年の暴露期間を置いたものも…

試験後の左の無防食の鋼材とアンカーボルトは全面が激しく腐食している一方、ジンクハットで覆った素地のアンカーボルトは3年間の暴露期間であるにもかかわらず亜鉛の犠牲防食作用により腐食は見られず初期の状態を維持しています!!

すごい効果じゃないですか?!

このように、アンカーボルトなどを高い防食作用で腐食から守ってくれることにより、美観性が高いのはもちろん、構造物などを安心・安全に保つことができるという画期的なアイテムなのです。

このジンクハットをANCHOR BIRDS STOREにて近日発売予定!(しかもスペシャルプライスで)

また詳細をブログでもお知らせしていきますね。

お楽しみに~!!

 

 

前のページに戻る

販売代理店Sales Agency

CONTACT US

お問い合わせ

無料お見積り、ご相談などお気軽にお問い合わせください

TEL 054-625-8899受付時間 平日 / 9:00から17:00
定休日 / 土日・祝日 その他

お問い合わせ