あと施工アンカー「アンカーバード」

構造物の品質保全と美観保持にも寄与
高い安全性と優れた使い勝手を両立した画期的アンカー

特長

取付け・取外しが簡単!!


仮設足場を固定する一般的なあと施工アンカーの取り付けは、専用のポンチとハンマーを使用しアンカー本体に打撃を加えて打ち込むことにより引張強度を発現させるため、作業員の熟練度により強度(安全性)にバラつきが発生してしまうのが現状です。一方、新開発のあと施工アンカー「アンカーバード」は、電動工具(インパクトレンチ)を使用しトルクの力でアンカーの引張強度を発現させるため、簡単な作業での取付けが可能になりました。もちろん取外し時も電動工具(インパクトレンチ)を使用しますので、容易な作業で撤去が完了します。作業効率が飛躍的に向上するので、現場の高い生産性にも大きな期待が寄せられています。

■アンカーバード本体

■足場部材撤去後アンカー本体を完全抜去

安心・安全を可視化!!


コーンの挿入量を検尺することで、アンカー設置完了の測定管理が可能です。職人の熟練度に起因する作業品質を測定管理により安定化させることができるので、引張強度のバラつきを最小限に抑えることができます。「アンカーバード」は可視化で現場の安全性のさらなる向上を推進します。

コンクリート表面の美観や錆汁対策に!!


品質保全や美観保持の側面から「構造物にアンカーを残したくない」などますます多様化するニーズにも即応できるソリューション志向のアンカーです。仮設足場撤去時に、アンカー本体をコンクリート構造物から完全に“抜き取る”事が可能なので、アンカー本体撤去後のコンクリート孔への補修材の充填が容易で補修品質も向上します。

仕様

アンカーバード4分(コンクリート用)寸法表

【単位:mm】

注:最大引張荷重※は試験時のコンクリート強度Fc=21N/㎟に基づく数値です。

断面図

【単位:mm】

施工方法

アンカーバードの機構

「ボディ」と「コーン」の2部品で構成されています。

アンカーバード

施工に必要なツール

六角ビット

ダストポンプ

ハンマードリル

インパクトレンチ

施工-1  取付け作業

①ハンマードリルを使用し穿孔する

②ダストポンプを使用し、孔内を清掃する

③アンカーバードを孔内に挿入し、インパクトレンチにてトルクを加える

④内部コーンの挿入量を検尺し設置完了

⑤部材取付

施工-2  取外し作業

①取付け部材を撤去

②インパクトレンチを使用し、内部コーンを本体末端部まで戻す

③アンカーバード本体を撤去後、孔に補修材を充填する

④完了

施工動画

取付け動画

取外し動画

PAGE TOP