令和元年台風15号 千葉県直撃!

2019/09/19(木)

この度の台風15号で被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。

この台風15号は、「強い勢力」の状態を保ったまま、千葉県千葉市に上陸しました。上陸時の勢力は、中心気圧960hPa・最大風速 40m/sと関東上陸時では過去最強クラスで、ケガ人118人、停電約6万軒、断水約1万軒と、深刻な影響を与えています。

成田空港では、この強風によって立体駐車場の仮設足場が倒壊しており、台風の威力を物語っています(写真参照)。

一度仮設足場を組み上げると撤収することは容易ではなく、台風が接近する度に足場を撤収することは現実的ではありません。

そこで、台風の強大化や突風・竜巻の頻発化といった変化に直面している現代では、自然災害の脅威にも負けない、『安全で強固な足場』が求められているといえます。

 その「安全」で「強固」な足場を作るのに中心的な役目を担っているのが「アンカー」です。

アンカーは、建物の改修や解体工事の際、仮設する足場が倒れたり、傾いたりしないよう、建物に埋め込み、足場を固定する役割を持つ重要な存在です。

弊社製品アンカーバードは、先端に特殊構造を採用し、電動ドライバーでの取り付けが可能なため、職人の熟練度や施工箇所による「施工むら」を抑制することができます。

こうした施工むらを減らすことで、アンカー自体の性能を十分に引き出すことが可能となり、その結果、より安全で強固な足場を設置することが可能となります。

また、使用済みのアンカーを建物から回収することができるため、アンカーを建物内に残す工法の場合に生じる可能性のある建物のひび割れやさびによる汚れの原因を無くすことができます。

弊社は、環境の変化にも負けない、安全で強固な足場を今後も追求してまいります。


引用:テレビ朝日 ANN NEWS

  • facebook
  • カタログ
  • 標準施工基準書
  • 再使用の際の注意事項
  • NETIS

PAGE TOP